teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


タイへ行きます

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年11月17日(日)18時46分13秒
返信・引用
  12月に、またまた、タイへ行ってきます。
3回目ですが、タイへは10回以上行っている人もザラにいますので、私なんぞまだ駆け出しです。
今回は2週間ほどで、格安チケットを買って行くことになりました。
ホテルは1泊朝食つきで700バーツ(2500円程度)を14泊を予約しました。
格安で有名なツァー会社H.I.Sを使うと、同じ内容なのに一人部屋だけだということで、「相部屋不可」などともっともらしい理由をつけて倍額とられます。
完全にぼったくりで、会社の儲けになります。
したがって、一人旅で朝食つきの自由時間のみというなら、絶対航空チケットとホテルを日本で予約していくべきです。特に、宿泊数が多い場合は。
詳細を書いてみます。
・ネットで「格安航空券」と検索窓に入れて探す。
・DeNAスカイゲートという会社でバンコク往復チケットを予約。
・中国国際航空で、途中北京でトランスファー(乗り継ぎ)してバンコクスワンナプーム空港まで11時間。(機中は6時間半位)
・内訳は航空券2万円、燃油サーチャージと海外諸税が2万5千5百円、取扱い手数料3千百5十円で合計4万8千7百円(全日空などの会社であれば航空会社に直接予約を入れれば取扱い手数料がいらないかもしれない?)
・タイの格安ホテルをネットで予約する。ホテルに直接予約をいれるより、なぜか、agoda というサービス会社を通じて予約すると安くなる。
・内容は「デラックス、ダブル」の部屋で最大2名まで泊まれ、1泊朝食つきの14泊で諸税、サービス料込で、3万5千3百9十2円
・メールで航空機チケット料金の振り込み先が指定されてくるので、振込み先(三井住友フィナンシャル銀行であった)に振り込む。手数料は5百円弱(振込み人の前に指定された番号をつける必要がある。)
・DeNAからメールで eーチケット の内容が送られてくるので、自宅で印刷する。
・ホテルは、VISA カードの内容を知らせると agoda から 「ホテルバウチャー」が送られてくるので自宅で印刷する。(何やら、カード裏の個人名の近くに書かれている3ケタの数字を書く欄があるので忘れず書く必要がある)
・ホテル代はカードで支払うしかないので、詳細を agoda という聞いたこともない会社に知らせることは、ちょっと不安でしたが、(何か不都合があるとカード会社が保障するのが原則ですから)、カード会社を信頼して詳細を agoda に連絡しました。
・「e-チケット」と「ホテルバウチャー」はとても重要な明細文書です。これを見せることで、航空券をもらえたり、宿泊できるわけですから、印刷は2部しておき、旅行が終わるまで、しっかり持っておく必要があります。
・というわけで、16日間、14泊の合計は8万4千9十2円となりました。
・この金額は2回目のタイへ行ったとき(H.I.Sで1泊朝食つきで4泊6日ー機中1泊)より安いです。
・リコンファームは中国東方航空は必要ですが、中国国際航空は不要とのことでした。
(117)
 
 

微笑みの国タイ(4)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年10月30日(水)13時34分40秒
返信・引用 編集済
  6日間のタイ旅行を終えて昨日,日本へ帰ってきました。
関空で久しぶりにうどん定食(900円)を食いましたが、めちゃめちゃ美味しかったですね。
タイではまずいタイ料理が嫌さに、日本食レストランを探しては和食ばかりたべていました。
地下鉄の大きな駅のちかくには、たいがい綺麗なショッピングモールがありますので、トイレに使ったり、食事に利用します。
その中に、よく「富士」というチェーン店らしきレストランがありますが、300バーツ前後(1000円位)でおいしい和食を食べることができます。
日本と同じくらいの値段なので、高い感じがしますが味がよいのでお勧めです。
ただし、セット料金とあっても、食後のコーヒーとかデザートは別料金らしく、レシートをみると、「えらい高いなぁ~」という気になるかも知れません。

次は、タイでちょっと嫌だったことを書きます。
汚い言葉がでてきますがスミマセン。
バンコクの地下鉄(MRT)や高架鉄道(BTS)に乗ると、日本人らしき人も多いのですが(日本語の会話がやたら聞こえてくる)、白人がとても多いことに気がつきました。
気になったのは、道路を歩く白人の顔付きですね。
太っちょのどでかい白人男性が、一人ぽっちで怖い目をして、にらんだような顔つきで、よそ見せず前だけを見て、にこりともせず少し猫背で歩く姿が、やたら多いのです。
「あんた、疲れてるの?そんなに嫌でしたら国へ早く帰ってちょうだい。」と思わず言いたくなりますね。
特にデブメタボの赤ら顔で白髪、ジーンズ姿、ぎょろ目で神経質そうにあたりを疑い深い目で睨みつける顔・・・こんなのが歩いてくる姿をみると、私は思いっきり不愉快に感じ、気分が滅入ります。
「あんた、よっぽど嫌な人生を送ってきたんですか?。ここタイは微笑みの国だと思うんですが・・・あなたの不機嫌そうな顔をみると、こちらの気分が悪くなりますよ。」と心の中で思っています。
そんな充血した目のヨーロッパ系の白人老人がとても多かったですね。

それから、米国人も日本における観光客としてくる顔とは、まったく別の顔をみせます。
私が、バンコクの観光地で何人かの男性米国人に気軽な感じで話かけたのですが、明らかに日本人を見下した態度をとります。
にこりともしませんし、「アホなお前らに嫌やけど教えたる。」みたいな態度ですね。
さすが、世界から嫌われる傲慢米国人!
喧嘩好きの、世界のリーダーだと思い上がってるクソアメリカ野郎!
テロに見舞われるのも当たり前じゃ!
エコノミックモンスター・・・・金・金・金の犬畜生!
日本におけるネコをかぶった米国人の態度に絶対騙されてはいけませんよ。
あいつらは、心の中では日本人を完全に3等国としかおもっとらん。
もっとも、海外でも、日本人女性が米国人男性に話しかけた場合は、もちろん別でしょうね。
別の目的を持って優しく振る舞うんでしょう。
もちろん、米国人にもいろんな人がいるとは思いますが・・・
ヘイトスピーチですみませんでした。
しかし、他のドイツ人とかフランス人はニコニコと愛想がいいし、とても友好的で、私も心から楽しく会話をかわすことができたのに・・・そんな人が多かった。
(113)
 

微笑みの国タイ(3)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年10月27日(日)09時58分2秒
返信・引用
  ここタイでの旅行生活も3日目がすぎようとしています。
ラーマ9世駅というところから歩いて10分のところにあるホテルにいてます。
このホテルの客は日本人も中国人もタイ人も多く、高級ホテルではありません。
高級ホテルだとタイ人の客はほとんどみかけません。
機能やサービス面でみると、ぎりぎりセーフかなという感じのホテルです。
一応、湯は24時間出るし、朝食はバイキングで15品ぐらいは毎日でるし、エアコンもよく効くのでまずまずというところでしょうか。
格安料金で泊まっている割りに部屋は広いし、ベッドメーキングもきちんとやっているところをみると、従業員に対する教育がいきとどいているのかも知れません。
今、夜の11時前ですが、連日15時間位行動しているので、毎日へとへとになってホテルへ着きます。

今、テレビを見ながらパソコンをさわっていますが、タイのテレビは衛星放送でインドの番組とか、アルジャジーラらしき番組も放送しています。
アルジャジーラらしき番組はLIVEの生実況中継で放送しています。
時差は4時間あります。(テレビの画面左下に時計が数字ででてくる)
タイの人がヒンディー語やアラブの言葉がわかると思われないので、多分他の国の衛星電波が漏れ出てくるのを受信して勝手に放送してるのかも知れません。

アルジャジーラらしき放送画面をみてますが、ものすごい数のイスラム教の人達が、モスクらしきところを列を組んでぞろぞろあるいています。
もしかしたらメッカかな?
ほとんで白装束で、何やら、変な歌が流れています。
本当におびただしい人の列です。
女性は全員へジャブ(スカーフ)を顔にまとって、異様な感じです。
ものすごい行列(50万人位?)ですので、女性はトイレへ行きたくなったらどうするんでしょうね?
まぁ、長い幅広スカートみたいなものをまとっているので、垂れ流しでもわからんのでしょうかね?
でも、ずっと気味の悪い歌が延々と流れ、人々は黙々と歩いています。
本当にイスラムの世界は気持ちが悪いです。
イスラムにしても、キリスト教にしても、学会にしても、私の宗教が絶対正しいという凝り固まった考えしか持たない人は、どうなんでしょうかね。
何が正しいかという判断基準は宗教によって違うし、しかも宗教の根本は科学を否定して、誰が作ったかわからん神なるもの信用することから始まる訳ですから、異なる宗教間であゆみよる余地はまったくないと思うのですが・・・後は喧嘩だけですね。
つまり、強いもの勝ち。
イスラム原理主義者達の報復主義、テロリスト達の自爆攻撃での無差別殺戮主義・・・・オウム真理教とよく似ています。

今テレビを見ていますが、それはそれは、本当に恐ろしい光景です。
何十万という人が、何やらぞろぞろと、何か目的に向かって歩いています。
まるで何百万というアリが海へ向かって自殺しに行く光景と同じです。
イスラム反対!絶対反対!
そりゃ、ラマダンとか、飲酒禁止とか、偶像崇拝の禁止とか戒律の厳しいのはすごいし、人間の生き方としてはよい面もあるかと思いますが、男尊女卑は甚だしいし、所詮何の証拠もない、昔誰か強い力の持った奴が言い出した勝手な教えじゃありませんか。
そんなのに何十、何百の、いや、何億の人々がつき従うわけですから、宗教の力は怖い!
もしかして、この中には、いじめの構造が支配してるのかも知れませんね。
そのグループ内にとどまらない限り、グループ内のみんなから攻撃を加えられるという奴です。
タイでも、私はムエタイ(タイの国技であるキックボクシング)を見に行きましたが、試合が始まる時、全員起立し(外国人も)国王に忠誠心を示すため不動の姿勢をとらされます。
違反者は警察、または係りの人から厳しく注意されます。(外国人でも)
いじめの構造の特徴は、「ある強い者をまつりあげることで、自分が有利な権益を得ることができるグループがいる」ことにあると思います。そのために、大将を利用して、他を制圧し、自己の権益を守ろうとするんでしょうね。
そういった大将は神格化しとけば誰も歯が立たないと思いますものね。
重大な儀式では北朝鮮も同じことをしますよね。
日本のある宗教団体の新聞を見ていると、何とか代表を神格化したいのか、その代表がいかに偉いひとかということばかり書いてあります。
日本の天皇制もおなじことだと思います。
天皇を利用することで、得をする人たちが多くいるのですね。
その人たちは絶対逆らえない存在を作っておくことに腐心ばかりしています。
(110)
 

微笑みの国タイ(2)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年10月26日(土)09時48分55秒
返信・引用
  今、タイから投稿しています。
時差が2時間ありますので、今、タイでは朝の8時近くになっていますが、日本では10時頃でしょうか?。
グローバル化は進んでいるみたいで、ここタイでも、まったく日本にいる時と同じように行動できます。
地下鉄でタイの多くの人がスマホやっている姿をみると、「同じやなぁ~」感ぜずにはおられません。

インターネットは、空港では「 `@KIX」とかいうWi-Fiが無料で使えるし、ここホテルではキー暗証番号を小さい紙に書いて渡してくれますので、それを、現在受信しているネットの電波のところに入力すればOKです。
メールも株の取引もSkypeも日本にいる時とまったく同じようにできます。
これも、世界共通なっているんでしょうかね。
タイは本当にいい国です。
かって日本が持っていた温かい人情味をまだ捨てないでいる国の一つだと思います。
日本では、今、田舎に行っても「温かい人情」なんて持っている人なんているんでしょうかね?
地球規模の競争社会で生き延びていかなければならないのですから、そんな人が存在できるのはなかなか難しいじゃないでしょうか。
日本は、2~30年前から、物・金はだめだ、精神の豊かさが大切だとを述べる人が多かったように思いますが、ところがそれに反して、今では米国と同じように、ますます「金」が第一の世の中になってしまったと、私なんか思ってしまいます。
けど、ここタイは少し違うように思います。
バンコクのほとんどの人は拝金主義ですが、田舎に行くと、少し道を聞くだけでもその優しさや人情味が伝わってきます。
私は「微笑みの国」という意味がわかったような気がしました。
タイ語か英語(あまり通じませんが、田舎でも、時々多少わかる人がいます)をもとに身振り手振りで会話をかわすチャンスを作って、これからの旅を続け、楽しみたいと思っています。
(109)
 

微笑みの国タイ(1)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年10月22日(火)15時55分18秒
返信・引用 編集済
  今月(10月)の24日から29日まで2回目のタイ、バンコク訪問に行ってまいります。
12月に3回目の訪問も予定していますので、このところタイ三昧になりそうです。
スクィンビット駅の北へ2駅行った「ラーマ9世」駅の近くのホテルに4連泊します。
HISの手配で朝食のみついていますが、他はなにもありません。
ネットで調べると、駅の近くには「セブンーイレブン」や「ファミリーマート」があるみたいなので、最悪、夕食はコンビニでパンでも買って食っちゃえ・・・と覚悟しています。
飛行機は、ベトナム航空ですのでホーチミンでトランスファーしてバンコクに行くのですが、ホーチミンで3時間位待たされるようです。
ベトナムはハノイへは行ったことがあるのですが、ホーチミンはありません。
だからトランジットの時間が6時間ぐらいあれば出国手続きをして市内見学できるかも、と思ったのですが、3時間では無理なようです。
3時間というのはとても中途半端ですね。また、空港で夕食をとる時間にするとしたとしても、ベトナム航空は必ず機内食を出すというから、ちょっともったいないし。・・・・困ったなぁ~
タイでの予定はムエタイ(タイ式キックボクシング・・国技)と水上マーケットの見学を中心に市内観光して行きたいと考えています。
タイの国鉄で、ホアランポーン駅から少し田舎へも行きたいのですが、無理なようでしたら12月にまわしたいと考えています。
ホテルは、有線ですが無料でインターネットにつなげられるということなので、モバイルパソコンを持っていきます。
タイの現地からここへ投稿できるかもしれません。
ただ心配なのは、220V用の変圧器は持っていくのですが、有線ランに接続するコネクターの規格が日本と同じかどうかということです。
Wi-Fiだったら、シリアルキー番号さえ教えてもらえれば受信・送信できるのですが・・・・
今回の旅行の目的のひとつに、タイのATMでビザカードを使ってお金をおろせるか知りたいということがあります。
これがスムースにいけば12月、長期滞在しても現金をたくさん持っていかなくてすみますし、将来、チェンマイで暮らそうかと考えている夢も実現しそうです。
(108)
 

タイへ行ってきました(6)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年10月 8日(火)15時57分30秒
返信・引用 編集済
  タイのバンコクは地下鉄とBTS(高架鉄道)がありますから、小銭を持って(おつりは券売機から出ますが)乗り方さえ覚えれば、自分一人で十分市内観光にでかけられます。
他の東南アジアの国は、バスを使う場合が多いので、私は乗る自信がありません。
降りる場所がわからないし、行っても時刻通り帰ってこられるかどうかわからないし、迷子になったら野宿するしかありませんものね。
その点、タイの地下鉄なら、英語表記もあるし、日本同様、到着駅のアナウンスも英語が付きます。
駅名の載っている地図をみて、目的地駅名と行先(方向)駅名がわかったら、乗る電車もまちがえません。
リスニングに自信がなかったら、地図をみて「何番目の駅」と覚え、停車駅ごとに駅数を数えると確実です。
切符の買い方は、日本で売っている「地球の歩き方」などの本にも写真付きでのってるし、ラッシュアワーをさけて、タイ人が切符を買う様子をうしろから見ていれば自然に分かります。
駅員さんは部屋の中にいるので、ちょっと聞きにくい感じですね。
聞くなら、バンコクは比較的英語が通じるので、切符を買っているインテリ風の人に聞けばよいと思います。
切符は、丸い黒い磁石のような、模様のないコインのようなものです。(トークン・・・代用通貨ですね)
乗るときは、日本にあるような機械の窓にあてるだけでゲートが開きますが、降りるときは、機械のの中に入れて返却しないと、ゲートは開きません。
(104)
 

ひどい商品があるもんだ

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年 9月14日(土)22時49分40秒
返信・引用
  「タイへ行ってきました」シリーズは次回から書くにして、私が最近の腹の立った出来事を書きます。
私は、猛暑が続く毎日ですが、この暑い中を汗をかく目的でよく長距離サイクリングやウォーキングをします。
毎日、汗をしっかりかかないと汗腺に古い角質分が溜まって、加齢臭の原因になったり、気持が前向きにならないとよくいわれます。
それで、先日、熱中症対策をじゅうぶんして30kmウォークに行きました。
長袖カッター、ベトナム帽、サングラス、口から下を覆う自作カバータオル、塩あめ、うちわ等ですが、その中で非常に腹がたった商品がありました。
「皮膚に直接スプレーするだけですばやく冷却」というやつです。
私はこれまで、熱中症らしきものになって何度もダウンしたことがありますので、このような商品にはとても興味がありました。
他の商品は直接皮膚にスプレーするわけでなく、何か布を湿らせるなどして体温を下げるのですが、この商品だけが直接皮膚にスプレーするタイプだったので、他より値段が高かったのですが、「これはすごい」と迷わず購入しました。
ところがどっこい、実際使ってみると、なんとひどい!ちょっとスプレーしただけなら、効果は1~2秒、
思いっきり長く、十分スプレーしても、20~30秒間ほどは何か水をかけたような感じがするだけで、後は何の音沙汰も効果もありません。たった20~30秒ほどですよ!
それに、このスプレー式悪徳商品は、それどころか、その後汚い白い垢みたいなものが残り、乾いたらこすって取らなければなりません。
ネットで調べたら5分間持つとありましたが、大ウソです。そりゃあ、このスプレー缶1本丸ごと使えば持つかどうか知りませんが。
こんなひどい効果のないものを頼りにして、でかけた私がバカだったのでしょうが、こんな商品の販売を認める公的機関に腹が立ちます。
規制をかける役所(公正取引所?)はどう思っているのですか?
私なんぞ熱中症になったら、これを頼りにして助かろうと思ってたんですから、こんな効果がないことを知らなかったら、あやうく死ぬところでしたでしょうね!「あー怖!!!」
(100)







 

タイへ行ってきました(5)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年 8月14日(水)10時23分21秒
返信・引用
  パックツァーで嫌なものの一つに、土産物店に連れまわされることがあります。
ガイドや現地ツァー会社の収入源になりますので、現地ガイドはとても熱心に勧めます。
特に困るのが貴金属や高級瀬戸物類やカーペット等を売る店へ連れていかれることですね。
こんなのをわざわざ外国へきてまで買うのはどうなんでしょうかね。
値段なんてほぼ信用できないし、多少安くても、日本で買う方がよっぽど安心ですし、いいものがあると思うのですが。
今回のツァー同行の人たちも、誰一人買おうとはしませんでした。まったく時間の無駄です。
それに比べて、現地でしか調達できないような店へ連れていってもらった時は嬉しいですね。
やはり、家族へのお土産が必要でしょうし、それより何より、自分用の記念品として絶対ほしいと思っている人は多いと思います。
ラオスへ行った時は、小さいコブラやサソリの入った酒が売っていて感動しました。
酒が目的でなくて、ビンの中のコブラがほしかったので、即買いました。
ベトナムでは草色の軍人がかぶるようなヘルメットを買いました。
日本に帰って、今でもサイクリングの時は夏の暑い日差しを避けるの重宝しています。
もちろん、現地の人も暑い直射日光を避けるためにかぶっています。
タイではついに発見できず、帰りに空港でタイバーツを遣い切るため、チョコレートを土産用に買いました。
(99)
 

タイへ行ってきました(4)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年 8月 4日(日)10時51分54秒
返信・引用
  バンコクは経済発展がすごく、街並みだけをみると東京・大阪と変わらないんじゃないかと思うほどです。
高層ビルが林立する姿は、ほんとに超都会で、地下鉄やモノレールを多くの人々が利用しています。
物価もそんなに低くありません。タイでもチェンマイなど、田舎ではそれほど高くないと聞いていますが・・
走っている車は殆どが日本車で、トヨタ・ホンダ・日産・スバル等々の普通車です。
法で規制されているのか、軽自動車は皆目みあたりません。だから、スズキはとても少ないです。
インドでは、スズキの軽が中心で、車といえばスズキかトヨタ、あと韓国車とベンツ等の高級車もあったかなぁ~。
タイではバイクも車同様、台数が多かったですが、殆どがホンダです。
ベトナムでは、中国製の安いまがい物が多かった(HONDAならHANDA、HITACHIならHATACHI)のですが、ここではあまり見かけなかったですね。
ベトナムに比べて、道路を横断するときはここバンコクは信号があるのでやや楽ですが、それでも、なれないと大変です。(ベトナムのハノイはむちゃくちゃです。日本人なら1日たっても道路を横断できないでしょう!)
バンコクの風俗産業に対する規制は緩いのでしょう、いたる所で男性が喜ぶ店があります。
ここで莫大な外貨を落としていく日本人をはじめとする外国人が、たぶんタイ経済を支えているのでしょう。
(97)
 

タイに行ってきました(3)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年 7月19日(金)10時14分19秒
返信・引用
   関空からタイまで約6時間ですが、エコノミークラスで4時間超えるととてもしんどいですね。
往きはそうでもなかったのですが、帰りは「まだか、まだか」の苦行で耐えられない思いをしました。
若いころは10時間超えても平気でしたが、今は苦痛でしかたありません。
これから、6時間を超えるフライトは帰りだけでもビジネスクラスにしようかと思っています。
帰りだけビジネスクラスというパックツァーも売り出しているみたいですものね。
 座席は、旅慣れている人はトイレのことを考えて通路側にするといいますが、私は、絶対窓側です。
窓の景色は、雲だけしか見えない時でも、いろんな空想ができて楽しいし、気が紛れます。
それに比べて 通路側というのはほんとに耐えるだけの時間で、本を読むか、TVを観るか・・・飽きると寝るだけですね。
それで、パックツァーの出発日の集合場所へはいつも早くいくことにしています。
するとみんなをまたず、先に搭乗手続きができることが多いので、飛行機の座席希望が言える可能性が高くなるからです。
ただ、帰りは団体行動ですから、これまで座席希望が言えず通路側になる場合が多かったですね。
往きも関空ですごす長い時間を有効に活用する対策が必要だというデメリットもあります。
(95)
 

タイに行ってきました(2)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年 7月14日(日)20時20分37秒
返信・引用
  関空を出発する時、円を外貨に両替できる銀行窓口があったので1万円程タイバーツに換えました。
バンコクに着くのが夜だったので、バンコクのスワンナプーム空港の両替所があいているかどうかわからなかったからです。
その日泊まるホテルのポーターに払うチップにタイバーツの小銭が必要ですので。
タイではチップの習慣はないのですが、日本人団体観光客が行くホテルではチップを支払ったほうがよいみたいです。
ところでみなさんは関空で両替しない方がいいですよ。
なぜなら、レートがとても悪いからです。それに小銭は用意していない時があり、チップ用に両替する意味がありません。
また、タイの空港では、夜でしたが、よいレートでバーツに交換できました。
もちろんホテルのフロントでもよいレートで交換してくれます。
ただ、両方ともチップ用になる小銭は少ししか換えてくれませんので、私はホテル近くのコンビニ(ファミリーマートがあった)で買い物をして、おつりを枕銭等のチップ用にしました。
(93)
 

タイに行ってきました(1)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2013年 7月 5日(金)13時10分23秒
返信・引用
  5月7日から5日間タイのバンコクに行ってきました。
パックツァーですが、中1日、自由行動の日があり期待通り楽しめました。
1人部屋追加料金や燃油サーチャージ等を入れても8万円ちょっとという、ずいぶんリーズナブルの旅行でした。(中1日の昼・夕を除いて3食付)
現地のガイドがひどかったことと、タイ料理のまずかったことは予想外でしたが、バンコクの夜がとても刺激的で面白かったことを発見できました。
タイは日本人男性(女性)が比較的安全に夜の歓楽街を堪能できる国の一つだと思います。
(安全だと思ったのは、実は私だけかも・・・)
夜の歓楽街で注意すべき点はたくさんありますが、同じツァーグループの一人で、ひどい経験をされた方からの体験談をもとに、1つだけのせます。
 ・客引きする者には絶対ついて行かない。(奥まった所や入り組んだ所にある店に連れて行かれると、ほぼ100%何らかの被害に会う・・・被害に会ってもその店の場所がわからないのが普通・・・看板もでていないので・・・体験者さんは、睡眠薬が入っているウィスキーを口移しに飲まされて、気が付けば身ぐるみはがされて道路に寝転がされていた・・・死ななくてよかった・・・と)

体験者さんは「表通りに店を出しているところに入るのは、まず安心ですし、少しくらい冒険しても大丈夫ですので、是非、楽しい思い出を作ってください。私もバンコクはめげずに4回目です。」とのことでした。
私は、スクンビット通りのソイカウボーイにあるゴーゴーバー(たくさん店がある)に行ってきました。
 

ママチャリサイクリング(10)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年10月20日(土)16時20分54秒
返信・引用 編集済
  時々京都までママチャリでサイクリングしますが、往復で100kmはあります。
それで、最近はしんどく感じるようになりましたので、外付けの6段変速機つきのママチャリをドンキホーテで買いました。
1万2千円でした。
コースは石川の河川敷を北上し、新大和橋を渡って柏原駅付近を右折し、堅下駅から再度北上し、1駅で法善寺駅にでます。
この後、法善寺駅付近で恩智川沿いを延々北上します。
途中、東花園駅で東に曲がり、再度北上する時、一旦国道を数百メートル走ります。

大東市の住道付近から今度は寝屋川沿いを北上し、萱島駅・寝屋川市駅を通過した後、寝屋川導水路沿いを西に行って淀川(太間)に着きます。
後は、淀川沿いに八幡市駅付近まで行き、御幸橋を渡って桂川沿いに一直線となり、自然に鴨川になります。
河川敷道路のつきあたりが勧進橋ですので、そこから国道に出てJR京都駅まで北上5分で着きます。
淀川から桂川に移るとき、一旦引き返すような感じになりますのでまちがえやすく、以前迷ったことがあります。
ママチャリも6段の変速機が付くと、ずいぶん楽ですね。(75)
 

ママチャリサイクリング(9)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年10月20日(土)13時59分46秒
返信・引用 編集済
  ゆっくりゆっくり周りの景色を楽しみながら長時間運転するのには、ママチャリが最適と以前書きまし

たが、ある程度スピードを出し、長距離を時間内で目的地までいかなければならないのなら、やは

り21段変速機のついた軽いサイクリング車がよいでしょう。

私は、パンクが怖いのでオフロードバイクを改造してサイクリング用に使っています。往復で100km以上の

長距離を日帰りサイクリングする時はよくこれを使います。

改造したのは、まず座席で、ママチャリ用のサドルと交換しました。

次に前カゴと後ろに荷物台、そして片足スタンドを設置しました。

スタンドはフレームにドリルで穴を開け、ボルトで固定したのですが、ペダルの回転範囲ぎりぎりに調

整したため、今でも漕ぐ時、左の靴の後ろの一部がスタンドに触れます。失敗失敗。

けど、強度が心配で、今さらフレームに別の穴を開けるわけにいかずそのまま使っています。

泥除けとベルは無いままです。鍵はチェーン錠、ライトは必要な時に前かごにつけるポータブル型です。

荷物を積むとかなり重くなって、そこらへんのママチャリにも追い越される時がありますが、21段変

速ですので、直線道路ではかなり楽にスピードが出せます。

ただ、やはり前傾姿勢で腕に体重がかかるのは最初はよくても、5時間超えると、だんだん辛くなります。
 

ママチャリサイクリング(8)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年10月18日(木)18時47分34秒
返信・引用 編集済
  チャリナビも7型以上でしたら、自転車が通れる細い道も表示できます。
下の最初の写真は200mサイズを示していますが、100mサイズを示す画面に拡大すると、現れない道はないといって過言ではありません。
このナビは最大10mサイズまで拡大できますし、最少は確か近畿地方全体が見えたかと思います。
100mサイズで、よく「ああ、この先はチャリが通れる道は無いんだ。」とか「この先3つめの角を右折するんだ。」とかいうふうに、ルートを発見できました。
とても正確にわかりますので、自転車でゆっくり見るのに最適です。
画面は北向き固定にしておくとよいでしょう。
2枚目の写真は少し映りが悪いですが100mサイズにしたナビ画面です。
3枚目は音楽を聴くときのモードにしたナビです。好きな曲が200曲程度入っています。
 

ママチャリサイクリング(7)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年10月18日(木)18時01分57秒
返信・引用 編集済
  ナビとバッテリーを接続するには、自動車用のシガーライター用ソケットを使います。
コーナンなんかに売っている安いやつです。
ソケットのコードをバッテリーケースからのコードとつなぐだけですのでとても簡単です。
このソケットの穴2つのどちらかに、ナビからの差し込みジャックを挿入して使います。
 

ママチャリサイクリング(6)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年10月18日(木)17時40分59秒
返信・引用 編集済
  下の写真は、私の持っているユピテルのナビです。車の取り付け用アダプターをそのまま生かして、自転車の前かごの中に浮かせて取り付けます。
S字フックつきゴムを4か所つけてありますので、これを4方向に伸ばしてカゴにひっかけます。
理由はワンタッチで取り付け、取り外しができることと、自転車の振動を伝えないよう、空中に浮かせること、そして、万が一外れても下のかごに落ち、地面には落ちない事などでしょうか。
取り外しに手間がかかると、サイクリングの途中で店などに立ち寄っても、つい面倒になりそのままにしておくので、誰かに盗まれないか心配してしまいます。また、不意の雨の時もこまります。
自転車の前かごに浮かせて設置するのは、振動からナビを守るためだけでなく、昼の直射日光を浴びると、ナビの画面はその反射でほぼ見えなくなりますので、カゴの周りを遮光布で覆いますが、その時、ナビの角度調整がとても簡単になるからなのです。
ナビ以外の空いた空間には、いろいろ荷物を置けます。
蛇足ですが、ナビの画面はタッチパネル式ですから、必ず、保護フィルムを貼っておく必要があります。
私は、最初これをしなかったため、画面の一部にキズがついて、今でもそのままです。
写真でナビの上部に白っぽく見えているのは、アダプターに小さい穴をいくつか開け、釣り糸を通したものです。
 

ママチャリサイクリング(5)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年10月18日(木)16時47分59秒
返信・引用 編集済
  バッテリーを接続するアダプターを自作しました。
バッテリーの接点と重なるよう、バッテリーケースの2か所に穴を開け、コードの先を剥いて丸めます。
バッテリーの接点は3か所ありますが、真ん中には触れないよう工夫します。
バッテリーケースとバッテリーは、使用時にゴムで強力に密着させないと、自転車の振動ですぐ電源が切れ、何度も電源を入れなおさねばならないことになります。
だから、私はサイクリングに出る時、ゴムとバッテリーの間に乾電池か割りばしをかませることにしています。
 

ママチャリサイクリング(4)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年10月18日(木)11時02分33秒
返信・引用 編集済
  私の持っているポータブルナビは、約2時間持ちますが、音楽を聴きながら走ることが多いので2時間では少なすぎます。
イヤフォンで聴けばバッテリーは長持ちするのでしょうが、難聴になるのが嫌なのでスピーカーから音を出して聴いています。
そこで、予備のバッテリーが必要なのですが、小さいサイズのバッテリーはなかなか見つかりません。
充電池式の電池8個で12Vのナビ用バッテリーを自作したのですが、雑音が入ったりしてとても実用できたものではありませんでした。
以前、日本橋の上新テクノランドへ行ったとき、オリンパスの1眼レフカメラ用のバッテリーがジャンク商品ということで、1個300円でワゴンセールしていました。
当時、私はこのカメラを持っていましたので、「こりゃお買い得かも知れない。」とばかりに6個買っていました。(新品を買えば1個3千円以上はすると思う。)
充電器で実際に充電できるか試したら、2個はほぼだめで、4個は全く正常に充電できました。
これをナビ用に使おうと思い立ったとき、このバッテリーの出力は19Vなので、12V用のナビにつけると、ひょっとしてナビが壊れるんではないかと、とても心配しました。
やはり、ナビ代1万7千円は惜しいですからね。
しかし、ナビは完全に作動して、異常は全くありませんでした。1個で2時間持ちます。
サイクリングに行く時は、4個すべて持って行きますので、最初に充電していた2時間と合わせてナビを10時間は連続使用できます。
1枚目の写真がこれまで説明したジャンク商品のカメラ用バッテリー4個です。
下の2枚目の写真はナビ一式分です。各部分の説明は次回からにします。



 

ママチャリサイクリング(3)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年 6月30日(土)21時27分21秒
返信・引用 編集済
  チャリ専用のナビもありますが、少し高いようですし、大きいサイズのものはあまり見かけたことがありません。
実用的なのは、最低7インチ以上の画面が必要だと思います。また、値段的にも2万円を超えるとなるとチャリの値段から考えて、皆さんも購入する気が湧かないことだと思います。
そこで、コーナンやドンキホーテで売っているタッチパネル式の7インチ1万7千円程度の品がお勧めです。
ワンセグがついてるのもありますが、それより、SDカードで音楽を聴けるもののほうがよいように思います。ただ、パソコンの知識がないとCDからmp3の音楽としてSDカードにとりこむのは難しいでしょうね。
それと、ナビ用のバッテリーをどう確保するかということと、夏の直射日光の反射をどう防ぐかということが大きな問題となります。
 

ママチャリサイクリング(2)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年 5月 3日(木)20時57分27秒
返信・引用
  ママチャリで遠くの町の生活道路を走行する時、必需品はチャリナビ
(ポータブルカーナビ)です。
北向き固定にして、100mの街路が表示されるようにすると自転車の
通ることができる最狭の道がわかりますし、高性能方位磁石となります。
次回からチャリナビの制作手順を載せます。
 

ママチャリサイクリング(1)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2012年 4月27日(金)20時50分53秒
返信・引用
  4か月ぶりの投稿です。
孤独な旅の思い出シリーズは一時お休みして、
今日からママチャリサイクリングシリーズを載せたいと思います。
私がママチャリを使って遠出する理由は、排気ガスの少ない道路で
後ろからの車を気にしないで済む道路をゆっくり走りたいからです。
大概の自転車屋さんは、長い距離を走るのなら、前傾姿勢をとる
サイクリング車が楽だと主張します。
しかし、私の体験上、ゆっくりとこぎ、乗車中にも体を休めることが
できるママチャリの方が長時間運転する時なら、はるかに楽です。
両腕にも体重がかかるサイクリング車での長時間運転は苦しいですよ。
ママチャリなら10時間を超える走行も楽々可能です。
 

孤独な旅の思い出(9)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年12月21日(水)23時14分29秒
返信・引用
  独りで北海道の北の果てや九州の南のはてまで車で旅行すると、いろんな自己発見ができます。
面白いのは、山の中で一人車の中、夜、歌謡曲を聞くときです。
真っ暗な中で5Km四方人がいそうもないところで、寂しく歌謡曲や動揺(「月の砂漠」等)を
聞くと、とめどもなく涙がでてしまうことです。
日頃、日本男児は涙を見せるのは恥だと思っている私も、つい泣いてしまいますね。
不思議です。
2週間以上孤独でいると、夜、幽霊が怖いとかいう感覚はなくなってしまいます。
幽霊でも会って話をしたいという気になるのが本当のところですね。
犯罪者が独居房(保護房という名目らしいが)に革手錠姿で入れられて、食事をするのも手を使わず、
口だけでたべる状態であっても、苦しいのは、縛られて自由の利かない体の痛みでなく、豆電球1つ
の中、誰ともしゃべることができない孤独な何日かを過ごすことだといってるようです。
私にはそれが本当によくわかる気がします。

 

孤独な旅の思い出(8)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月21日(火)19時10分48秒
返信・引用 編集済
  東北の山の上の方にある駐車場で泊をとることにしました。
夜は、完全に人っ子一人いません。キツネやタヌキ、ひょっとすると熊は出るかも知れません。
幽霊でもでてきてくれると孤独が紛れていいかなぁと思ったりします。
車の上にあるルーフキャリアに乗せてあるのはプラスティック製の衣装箱です。
上のふたは真ん中で折りたためるので、雨があたると水が少し入ってきます。
それで、中の衣類は大きなゴミ袋を2重にして入れて保管します。
また衣装箱の底は雨水をのがす穴をあけておきます。
箱の上から箱全部を覆うゴムの網等をキャリアーにかけ、車から絶対落ちないよう厳重に固定しておきます。
走行中にもし落ちたら、後続車が事故を起こしますものね。
 

孤独な旅の思い出(7)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月21日(火)18時52分26秒
返信・引用 編集済
  車の中の様子です。
ホームレスの状態ですね。車で寝る場所も公園になる場合も多いので、まさしくホームレスといってまちがいないでしょう。
夕方、日帰り温泉に入った後、車に戻り、テーブルの上に並べたスーパーの刺身等をあてに冷えた缶ビールで一杯やりながら、テレビを見ます。
冬は熱燗がたまりませんね。
孤独であることを楽しめる一時です。
ここの場所は川の土手で夜は人が通りません。車の中の網棚はディーラーに取り付けてもらったもので、とても頑丈です。
 

孤独な旅の思い出(6)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月21日(火)18時19分2秒
返信・引用
  発電機はかなり音がでますので、夜の静かな住宅街で使うと、とても迷惑になります。
それで、夜は波の音でまぎれる海岸沿いとか山の中で使うことになります。
離れていても、住宅があるとか、道の駅等では、8時までに発電機の使用は終えることにしてます。
写真では車の外、左側に発電機があります。
 

孤独な旅の思い出(5)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月20日(月)23時17分9秒
返信・引用 編集済
  後ろのドアを開けてみました。上の写真の左半分が自作の収納棚です。
右半分には布団があり、毛布やその上にかばん等の荷物があります。
一人だけですので、意外に右半分でも十分手足を伸ばして寝ることができます。
下の写真は棚の目隠しカーテンをあけたところです。
ここまで頑丈にしなくてもいいと思いますが、まあ安心のためです。
左隅にカセットこんろやボンベが見えています。
 

孤独な旅の思い出(4)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月20日(月)23時07分11秒
返信・引用
  小さくて少しわかりにくい写真ですが、これが手動ウォッシュレットです。
逆さにして使うので、容器の中のストロー状のものは短く切っておかないと水が少ししか出ないことになります。
携帯ウォッシュレットに比べて沢山水がはいりますし、手入れが簡単です。
 

孤独な旅の思い出(3)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月20日(月)22時42分7秒
返信・引用 編集済
  手作りの蚊帳の様子です。両サイドのドアや出っ張りに洗濯バサミや布団バサミではさんでひっつけていきます。
夜、山の中で過ごす時、車内で明かりを点けると恐ろしい程の虫が集まってきますので蚊帳は必需品です。
反対側の窓には小さい蚊帳を内側からつけるのですが、こんろを使う場所の近くになるので十分注意が必要です。
 

孤独な旅の思い出(2)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月20日(月)22時30分45秒
返信・引用
  下の写真は実際の車の中の様子です。旅先での夕方頃の写真です。
車内左上から発電機で点灯している蛍光灯の明かりがわかります。
下の布団は、最初あげたり敷いたりしてましたが途中からは敷きっぱなしになりました。
 

孤独な旅の思い出(1)

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月20日(月)16時16分36秒
返信・引用
  数年前に軽自動車で日本国中を数回に分けて旅してきましたので、その思い出を書いていきたいと思います。

準備として軽のワンボックスカーを少し改造しました。
その方法を少し書きます。
まず後ろの座席をとっぱらって下全面にクッションを敷き詰めます。
その上にコーナンで買った薄い畳を敷きます。半端が出ますので裁ちばさみで切り取り、布テープで切り口を補修しておきます。
これで、一応「お座敷カー」の原型ができました。
後ろの棚とカーテンは絶対必要ですので、車専用のものをディーラーで注文して取り付けてもらいました。
自分でもできないことは無いと思いますが、強度や機能性、手間などを考えると多少金がかかっても、車屋に任せた方がいいと思いました。(全部で5~6万円位)

次に、布団は市販の敷布団を半分に切り、切り口を自分で縫い合わせました。
何故かというと、軽は狭いので場所をできるだけ節約して使う必要があるのです。
掛け布団は薄手のものをそのまま使います。

後ろの縦半分に置く収納棚等は、コーナンで買った木材で自作します。
振動でも動かないよう畳、クッションの下で固定する必要があります。
ヤマハの小型発電機(4万円)は前の助手席の下に置きます。
衣類等はルーフキャリアーに設置した透明衣装ケースにゴミ袋に入れて保存します。

10リットルポリタンクと同じく10リットルの軟らかいビニル製のポリタンクは前の助手席に置きます。
軟らかいポリタンクが何故必要かというと、水を補給するのは大概「道の駅」のトイレですが蛇口と底の部分の距離が短かったり、(20リットルタンクではほぼ無理です)、自動で出水、止水するからです。
一旦軟らかいポリタンクに水を蛇口から入れて、硬いポリタンクに移し換えるのです。(2~3回かかります。)
軟らかい蛇腹のポリタンクはコーナンで売っています。

後は一人用の折りたたみできるテーブルとカセットコンロ、パソコン、カメラ、軽用バッテリー(2千円前後ー2台)等を準備します。
夏は網戸の張り替え用網で自作した蚊帳を、夜の食事中や就寝時に、車の外側から洗濯ばさみ等で車にくっつけて使用します。(横の扉1面分で十分です。)

トイレと風呂の問題が一番やっかいです。
トイレは道の駅か朝の10時前後にスーパーやホームセンター等が開きますので携帯用ウォッシュレットを持ってそこですませます。(経験上ナショナルの携帯用ウォッシュレットよりコーナンで売っている花に水をやる200円程度の口が「し」の字に曲がった容器の方がはるかによかったです。ー容器の中の下に伸びたストローみたいなのは短く切ります。)

風呂は大きな市や町の駅近くでは銭湯やネットカフェがあるので問題ないのですが、小さい町や村ではとても困ります。日帰り温泉があればラッキーで、少しぐらい遠くでも入りに行きます。
道の駅にたまに温泉風呂がある場合があって、こんな時はとても助かります。

補助用バッテリーは使う機会が多いので充電器ともに持って行く必要があります。
発電機は携帯電話の充電や補助用バッテリーの充電やパソコンの使用等大活躍します。
  続きは次回に・・・・
 

ママチャリサイクリング

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月 6日(月)23時32分54秒
返信・引用
  自転車こぎは、中性脂肪を燃焼させる有酸素運動の最たるものだということで、以前はよく、ママチャリで遠出をしていました。
でも、この半年程運動不足で、ビール腹に困っていました。
そこで、体重を減らしてやろうと、ママチャリで80Kmの遠出に行きました。
以前は100Km10時間が平均でしたが、今回は80Km9時間でした。
コースは、石川の土手沿い⇒柏原⇒東大阪⇒淀川⇒東淀川区⇒梅田⇒天王寺⇒堺⇒羽曳野です。
尻が痛いのはしかたないのですが、車の排気ガスを吸わねばならないのが一番嫌ですね。
朝9時に家を出て、途中昼食のため1時間休憩をとりましたので、家にたどり着いたのは7時頃でした。
体重は一時的に2kg程減りましたが、ビールを飲むと結局元に戻りました。
でも、これで、4~5日は運動不足の解消になったかな?
 

投稿待ってます

 投稿者:団塊悠々  投稿日:2011年 6月 4日(土)10時53分59秒
返信・引用
  この掲示板は今まで会員専用でしたが、どなたでも投稿できるように変えてみました。
私も時々、この掲示板に書き込みをしたいと思います。
ただ、どなたでも見ることができるので、投稿する場合は本名でなくニックネーム等でお願いします。
会員の方には、ニックネームと本名の関係を会員専用ページでお知らせします。
 

レンタル掲示板
/1