teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


不登校・発達障がいのための教育相談会

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2013年11月25日(月)12時28分45秒
返信・引用
  不登校・発達障がいのお子さんのための
通信制高校・サポート校・フリースクールが集まります。

「学校になじめない」

「お友達とうまくいかない」

「朝起きられない(昼夜逆転)」

など、学校生活が難しいお子さんの悩みを一緒に解決しませんか。
小学校高学年~高校生までの親子・教育関係者を対象とした進路・教育相談会です。

【日 時】2013年12月15日(日) 13:00~16:30
【会 場】慶應義塾大学 芝共立キャンパス 3号館11階 会議室
【入場料】1,000円(1組につき)
     来場者1組につき「もうひとつの学びの場2014」をプレゼント!

========================================
◆お問い合わせ・お申込み◆
お申込みは下記の宛先まで参加される代表の方の氏名と参加人数をお知らせ下さい

◆主催◆
田口教育研究所
神奈川県横浜市港北区日吉2-18-42
TEL 045-560-3721 FAX 045-563-5782
E-mail info@taguchiken.com

http://www.taguchiken.com

 
 

発達障害の研修会

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2013年 3月 7日(木)12時36分17秒
返信・引用
  「早期発見、早期療育」の声が年を追うごとに大きくなっています。
その様な中、周囲の大人は、子ども達をどのように導けばよいのでしょうか?
今回は、23日に保育園や幼稚園でのことを中心に、24日は小・中学校での対応を親の立場から
具体的事例を多く取り上げにお話させていただきたいと思います。


教職員向け、保護者向け
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■幼・保の発達障害児の課題 ~発達障害児を育てた保護者の立場から~
───────────────────────────────────


?幼少期の発達障害への理解
?幼・保・小時代にできること
?親への伝え方
?どのように大人になって行くか
?相談とアンケートから親の気持ちを考える
?大人の発達障害者の課題から考える
?我が子の事例



教職員向け、保護者・カウンセラー・支援者向け
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■学齢期(小・中)の発達障害 ~親と教員が心得るべき方程式~
───────────────────────────────────


?学齢期発達障害への理解
?特別支援教育について
?学校と家庭の連携
?キャリア教育
?親の会の取り組み
?親の会アンケートから見える事

★≪24日のみ≫ 成人し就労している息子さんからもお話しをいただけます



----------------------------------------------------------------------

【講 師】 新 堀  和 子

LD等発達障害児・者親の会「けやき」 キャリア教育講座Wing代表


----------------------------------------------------------------------

【会  場】慶応義塾大学 芝共立キャンパス 2号館151講義室
(JR浜松町駅 徒歩10分・大江戸線 大門駅 徒歩6分・三田線 御成門駅 徒歩2分)
【時 間】14:00~17:00
【参加費】各回4,000円

======================================================================
【お問合わせ・お申込み】
TEL:045-560-3721 FAX:045-563-5782  E-mail:info@taguchiken.com
希望者は1.参加希望日2.お名前3.お住いの都府県4.メールアドレスかFAX番号をお知らせください
http://www.taguchiken.com ←こちらにお申し込みフォームもあります

【主催】 田口教育研究所  神奈川県横浜市港北区日吉2-18-42


http://www.taguchiken.com

 

発達障ガイの研修会 ●幼保~中学までの親と教職員向け

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2012年11月20日(火)14時05分18秒
返信・引用
  ■ 12月15日(土)━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「発達が気になる子どもの理解とその支援」

これまでの対応方法ではうまくいかないと感じるお子さんはいませんか?
おしゃべりはできるけれども、分かり合えた実感がいまひとつもてないというお子さんはいませんか?
今回は発達という視点でお子さんの育ちについて考えてみましょう。
また発達支援に不可欠な、ご家庭との協力体制についてもお話しいたします。


【講師】皆川 直美 先生

    社会福祉法人からしだね うめだ・あけぼの学園 臨床心理士



■ 12月16日(日)━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「子どもの育ちを支援とは何をすることかを考える」

今どきの子供事情は大きく様変わりしています。
まさに社会的な弱者と言える彼らは、社会の荒波に翻弄されています。
彼らを取り巻く周囲の大人たちはいま何を考え、何をすべきでしょうか。
それらの答えを弱者中の弱者である「育ちが気になる子ども」のことから考えてみましょう。

【講師】加藤 正仁 先生

    社会福祉法人からしだね うめだ・あけぼの学園園長
    全国児童発達支援協議会会長
    全国知的障害児者生活サポート協会理事長
    内閣府障害者政策委員会専門委員


======================================================================
【会 場】各日 上智大学 四谷キャンパス
【参加費】各日 4,000円(当日、受付にてお支払下さい)


 ■□お問合せ・お申込み□■

 田口教育研究所
 TEL:045-560-3721/FAX:045-563-5782
 E-mail:info@taguchiken.com
 ※http://www.taguchiken.com ←お申し込みフォームもあります。

======================================================================

http://www.taguchiken.com

 

「音」を「楽」しむ!「聴く」と「つくる」

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2012年10月24日(水)12時43分27秒
返信・引用
  健常児もショウガイ児も    発達障ガイ研修会 №45-46

*-----------------------------------------------------*

    「音」を「楽」しむ!「聴く」と「つくる」
       つくって・使って・持ち帰る♪

*-----------------------------------------------------*

音楽教育をするためには「譜読み」や「演奏」のノウハウに関して
知識や技術が必要だと思っていませんか?
いえいえ、私たちは知識や技術に関係なく、純粋に音を楽しむだけ
で成り立つ『ONGAKU』手法の素晴らしさを提唱しています。
ショウガイのある子供達は音を楽しむ感覚が健常のお子さんより豊かな場合があります。
私達は音符が読めなくても成立する『ONGAKU』の楽しさを二週に渡ってお届けします。



----------------------------------------------------------
1.「心を開くONGAKU!」 2012年11月10日(土)

【講 師】 池田 邦太郎  帝京平成大学児童学科講師
●心癒される「水の流れる音」を身近に聴ける音具【マリンカン①】作製
●みんなが笑顔になる【ストロー笛】作製
●ジェット機の音?スプーンの音?が聴ける【糸電話】作製
●どんな投げ方でも良く飛ぶ【スーパー紙飛行機】作製(1番人気)
●障害児との即興ピアノ連弾VTR 観賞
●みんなで勝手にアンサンブル体験①感動の満足感!


-----------------------------------------------------------
2.「目からウロコのONGAKU!」  2012年11月18日(日)

【講 師】斉藤 明子 NPO法人「音を楽しむONGAKUの会」副理事長
●心癒される「水の流れる音」を身近に聴ける音具【マリンカン②】作製
●破けても音が出る【スーパー紙鉄砲】作成(2番人気)
●ただの筒が楽器に変身体験【ポム】
●風船で作るお手軽太鼓【フーコ】(体験or作製は参加人数によります)
●ヘンテコ笛【ビーブー】作製
●みんなで勝手にアンサンブル体験②感動の満足感!
-----------------------------------------------------------

【会 場】各日 慶應義塾大学 芝共立キャンパス3号館351会議室
【時 間】各日 14:00~17:00
【参加費】各日 4,000円 当日払い

■お問合せ・お申込みは
TEL:045-560-3721/FAX:045-563-5782/E-mail:info@taguchiken.com
田口教育研究所まで ※http://www.taguchiken.com←こちらにお申込みフォームもあります

http://www.taguchiken.com

 

発達障ガイの研修会 NO.43-44

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2012年 9月25日(火)16時54分40秒
返信・引用
  --------①「発達障ガイと寄宿生活塾」-------------------
  ~共同生活で得られる物 多くの事例を基にして~

はじめ塾では、約15人の寄宿生が私達夫婦と生活を共にしています。
先代、先々代の頃とは日本の「生活」も大きく変わり、その変化は最近加速度を増しています。
その現代の当たり前の生活を排除せず、生活していくことで互いに育ち合っていくことのできる関係を作っています。
塾の日常の活動では、いろいろなタイプの子ども達が互いの違いを認め合い、「人と人」、「人ともの」の関係性の中で成長して、力を付けていきます。
そして関係性は生活を通して学ぶことで、実感を伴って身に付けてきます。
また近年発達障ガイと思われる子ども達は年々目立つようになってきています。
彼らも含んだ日々の生活である私達の教育実践をお話しするつもりです。


--------②「人間のための教育」にはショウガイも健常もない-------------------
  ~ショウガイの有無に拘わらず、一人ひとり確実に自立させる方法~

日本の教育の特徴の一つに「即時性」があります。
例えば、教室で、教師が児童生徒にあることを指導します。
教師は説明し終わった途端に「わかった?」と子どもたちに念を押します。じっくり検証する時間を与えずにです。
このような傾向は、教室だけでなく、親子の間でもあります。
れぞれに特徴を持った子どもたち一人ひとりの自立に向けた取り組みには、お互いの信頼関係の構築はもとより、
特徴を理解した上での指導において、成長発達の段階に即した対応が必要であり、
最終的には本人の「(自分の特徴という)事実の受容」が不可欠です。
自立には、時間とそれぞれの時期に関わる人たちのチームワークが必要となります。


■会場  各日 慶応義塾大学 芝共立キャンパス  2号館2階 251講義室
(JR浜松町駅 徒歩10分・大江戸線 大門駅 徒歩6分・三田線 御成門駅 徒歩2分)
■時間  各日 14:00~17:00
■定員  各日 100名
■参加費 各日 4,000円(当日受付にてお支払下さい ※お役に立たなかった場合は返金します)

■お問合わせ・お申込み TEL:045-560-3721 FAX:045-563-5782 E-mail:info@taguchiken.com
参加希望者は1.参加希望日2.お名前3.お住いの都道府県4.メールアドレスかFAX番号をお知らせください
http://www.taguchiken.com ←こちらにお申し込みフォームがあります

●主催  田口教育研究所  神奈川県横浜市港北区日吉2-18-42

http://www.taguchiken.com

 

「発達ショウガイ教育」シンポジウムのお知らせ

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2012年 8月 6日(月)16時18分36秒
返信・引用
  来る2012年9月1日に港区芝にあります、慶應義塾大学薬学部にて特別講演会とシンポジウムを行います。
つきましては多くの皆様に近年の発達ショウガイ教育に関する問題や新たな方針などに付いての質疑をして頂きたいと思っております。教育体制を変える節目にしましょう。


【日  時】2012年9月1日(土)13:00~17:00
【会  場】慶應義塾大学 薬学部 3号館11階 1101会議室 (東京都港区芝公園1-5-30)
(JR浜松町駅 徒歩10分・東京メトロ大江戸線 大門駅 徒歩5分、三田線 御成門駅 徒歩2分)


1.特別講演 13:00~14:00 「ゆとり教育の検証」寺脇 研 氏 元ミスター文科省

2.シンポジウム 14:15~16:30 「発達ショウガイ教育の現状と展望」

3.質疑応答 16:30~17:00

司    会  二神 能基 ニュースタート事務局 代表
シンポジスト  井上 一  国際学園 理事長
        滝口 仁  HINO飛ぶ教室 代表
        寺脇 研  京都造形芸術大学 芸術学部教授
        藤堂 栄子 EDGE 会長
        高橋 義男 楠ノ木学園 副理事長
        和田 正宏 はじめ塾 代表


■参加申込み方法はFAX又はメールにて、氏名・お住いの都道府県・所属団体名・連絡先をお知らせ下さい。
■申込み締め切りは2012年8月22日(水)必着です。定員90名。
■参加費は4,000円、当日払いです。
■懇親会は「素材屋」にて4,500円です。一般参加者も参加自由です。事前にご連絡ください。


【お問合わせ・お申込み】 TEL:045-560-3721 FAX:045-563-5782 E-mail:info@taguchiken.com
【主催】 田口教育研究所  神奈川県横浜市港北区日吉2-18-42

http://www.taguchiken.com

 

夏休みの思い出に!!

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2012年 7月30日(月)16時26分18秒
返信・引用
  クワガタムシ・カブトムシ捕り!

日時 8月17日(金)18:00~20:00
場所 神奈川県横浜市青葉区 十日市場周辺

持ち物
●懐中電灯もしくはヘッドライト(両手が自由になり便利です)
●虫かごまたは紙袋(捕った虫を入れます)
●軍手
●虫よけスプレー
※注意事項※
蚊がかなりいますので長袖・長ズボンで参加して下さい。
帽子、首に巻くタオルなどがあると虫よけになります。
昆虫は1グループ10匹まで


クロメダカ・ザリガニ・オタマジャクシ採取体験!

日時 8月18日(土)14:00~16:00
場所 千葉県野田市関宿元町 周辺

持ち物
●アミ  ●バケツ
●タオル ●飲み物
●長靴(スニーカーでも可能です。ただし濡れると思います)
●携帯用エアーポンプ(持っていればで結構です)


≪最低催行人数≫ 各日5組10名以上
≪参  加  費≫ 各日3,000円(家族参加) 1,500円(個人参加)
お問合せ・お申込み】
田口教育研究所 TEL:045-560-3721 E-mail:info@taguchiken.com

http://www.taguchiken.com

 

7/29 生物学のおもしろさ

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2012年 7月12日(木)17時34分49秒
返信・引用
  理科好きキッズや発達ショウガイ親子がたのしめる!

「生物学のおもしろさ」~親子で実物サイエンス~


1.「昆虫の採集と飼育方法」 昆虫販売店 モンスター 安部 保則 氏

ヘラクレス・ヘラクレスオオカブト(体長17センチ)から日本産カブト・クワガタムシの説明と採集方法を
お話しします。多くの種類を展示・説明します。卵・幼虫・サナギも実物展示。種類による寿命の差も
詳しく説明。ルーペや顕微鏡観察で複眼の構造も観察してみよう!


2.「最初の臓器(腸)の作られ方」 千葉大学 理学部 准教授 阿部 洋志 先生

アフリカツメガエルは、レバーを餌にして容易に飼育でき、1年中卵を産ませることのできる実験動物です
このカエルの受精から卵割、原腸形成運動というからだのできていく様子をビデオなどを使って説明します
実際に受精させた卵や発生している胚をお見せします。
そして、発生が進んで神経管という神経のとが形成された胚から培養した色々な種類の細胞も観察します。


3.ヒミツの実験動物のおみやげもあります。

【日  時】2012年7月29日(日) 14:00~17:00 ★デジカメ必携★
【場  所】智大学 四谷キャンパス3号館1階123教室
【参加費用】1家族 3,000円(保護者+子ども5名迄 以降子ども1名500円) 個人 1,500円
【お申込み】参加希望者は下記の各連絡先へ代表者の氏名・お住まいの都道府県・参加人数をお知らせ下さい
http://www.taguchiken.com ←こちらにお申込みフォームもあります

http://www.taguchiken.com

 

8/5 講演会 「ゆとり教育は正しかった」

 投稿者:田口教育研究所  投稿日:2012年 7月12日(木)17時12分49秒
返信・引用
  ■特別編■発達ショウガイ研修会

「ゆとり教育は正しかった」
~次世代の子どもたちのために!~

・ゆとり教育の検証 ・発達ショウガイ教育の方向 ・PISAオリンピックの意味 ・人口動態と教育変化

【講演者】 寺脇 研
元ミスター文科省
京都造形芸術大学教授

1952年福岡県生まれ。
1975年に旧文部省に入り、2006年の退官まで生涯学習政策担当審議官などを歴任。
「ゆとり教育」のスポークスマンとして多くのメディアに登場した。
映画評論家としても専門誌に多くの論文を発表している。
文科省退職後も多くの教育関連の若者集団と付き合い、若者の多大なるエネルギーをもらい老後をおくろうとしている。

【日 時】2012年8月5日(日)14:00~17:00
【会 場】慶応大学芝共立キャンパス 3号館11階1101会議室(港区芝公園1-5-30)
(JR浜松町駅 徒歩10分・東京メトロ大江戸線 大門駅 徒歩5分、三田線 御成門駅 徒歩2分)
【参加費】4,000円 (当日受付にてお支払下さい)
【定 員】90名
●参加申込み方法はFAX、メール、メールフォームにて、氏名・お住いの都道府県・所属団体名・連絡先をお知らせ下さい。
http://www.taguchiken.com←こちらにメールフォームがあります。

http://www.taguchiken.com

 

頑張ってるね!!!

 投稿者:シーズ 武山メール  投稿日:2010年12月19日(日)00時26分4秒
返信・引用
  シーズ武山です。
みなさん、お元気ですか?
すまいるクラブの交流会、ご案内いただきながら、
なかなか参加できずごめんなさい。
いま、信大大学院を修了するため、1月13日の締め切りにむけ、
「発達障害児の母親の困難」という
母親支援論の執筆に追われる毎日です。
放送大の卒論も同じテーマでした。
相変わらず「どもの支援のためには、母親に支援をくれ!」と、
声を大にして言いまくりの私です。
大学院が無事、修了できたら・・・今年、修了できないと
なんと、中退ではなく除籍になるんだって・・・(汗)
今月は毎週1回、あがたの森を横目に、せっせと指導教授に怒られに
信大へ通っています。
先日、十年ぶりくらいに徹夜したら、明け方、股関節が痛み
歩行困難になり、はじめて信濃医療福祉センターに自分が受診するはめになりました。
春に49歳になります。
ADHDゆえ、こころはずっと乙女のままなのに
身体はすっかり・・・・(涙)

また、春には、会におじゃまさせてね!
ではでは

http://www.seeds2008.org

 

レンタル掲示板
/3